Blog ブログ

2021.04.16

建築物省エネ法改正「省エネ住宅説明義務制度」について

4月1日から施行された新制度省エネ住宅性能説明義務制度」はご存知でしょうか?
これからお家づくりをされる方にぜひ知っておいて頂きたい制度です。
このBlogで分かりやすくご説明したいと思います。よろしくお願いします!

新制度の内容✑
建築士が建築主に対しご提案中の住宅が省エネ基準に適合しているかどうかを書面で交付し説明することが法律によって義務付けられています。
基準に適合しない場合は省エネ性能確保のために必要となる変更内容をご説明する制度です。
※省エネ性能に関する説明を「希望しない」場合は書面により意志を表明する事で建築士からの説明は行われません。

対象となる建物✑
300㎡未満の原則全ての住宅と非住宅(戸建住宅や小規模店舗など)が対象となります。

なぜ説明義務制度が必要になったのでしょうか?
地球温暖化対策の一環で国として住宅にも環境に配慮した省エネルギーが求められているためです。

説明義務制度が施行されたのは、これから住宅をお建てになる方の省エネへの理解を促す事やお施主様自身がお家の省エネ性能を高めようという気持ちを持っていただくためにも行われます。省エネ基準の適否だけではなく省エネへの必要性・効果について情報提供を行う事も目的となります。

求められる省エネ基準とは?
省エネ基準には①外皮性能基準 ②一次エネルギー消費量基準
2項目について適合が求められます。

山口工務店のお家の省エネ基準はどのレベル?
まず①外皮性能基準についてお話します。
外皮性能基準は
「住まいの熱を快適にコントロールできる建物であるか」を測る数値です。
屋根や外壁、窓などの断熱性能を基準化。基準をクリアした高断熱・高気密の家は冬の寒さや冷気・夏の暑さや熱気を入れず家の中の暖かさや涼しさを保つ事ができます。

次に②一次エネルギー消費量基準についてお話します。
一次エネルギー消費量基準とは
「住まいのエネルギーを賢く使える建物であるか?」を測る数値です。
冷蔵庫、給湯、照明、換気設備などエネルギーを消費、削減できる設備を導入してその消費量の合算が基準値より下回れば「基準適合」となります。

このように山口工務店では省エネ基準に適合する家づくりをご提案しています。
地域の風土に根差した自社設計コンセプトにより「建物自体が省エネにつながる家づくり」を行っています。

制度の内容を動画で見たい!という方は♡
設計士自らYouTubeで制度をご説明した動画も併せてご覧ください。

URL:https://www.youtube.com/watch?v=dMxQRSFm8Gw

Contact
お問合せ

法人について
本社

〒516-0062
三重県伊勢市浦口2丁目9番25号
営業時間 9:00 〜 18:00
定休日 土曜・日曜・祝日
    ※当社カレンダーによる

TEL 0596-23-1578
FAX 0596-23-1589

本 社
TEL 0596-23-1578

新築・リフォームについて
伊勢ショールーム

〒516-0007
三重県伊勢市小木町477番地1
営業時間 10:00 〜 19:00
定休日 毎週水曜・第一木曜

TEL 0596-63-6465
FAX 0596-63-6460

伊勢ショールーム
0120-194-161

新築・リフォームについて
志摩ショールーム

〒517-0501
三重県志摩市阿児町鵜方393-232
営業時間 10:00 〜 19:00
定休日 毎週水曜・第一木曜

TEL 0599-52-0033
FAX 0599-52-0034

志摩ショールーム
0120-533-161